オーダー家具のデザインはどうする?先人の失敗から学ぶ


オーダーする楽しさだけでは作れない!

オーダー家具の魅力は何よりも、自分たちの好きなように使う材料を選び、デザインを決められることです。いろんなお店のカタログを取り寄せたり、店舗に出かけて実物を見ると期待に胸が高まりますが、好みだけで作ると失敗することがあります。実際に出来上がった家具を家に置いていざ使おうとしたときに、他の家具や家電と動線がぶつかって使いにくく感じたりすることもあれば、手が届かないほど高かったり、低すぎて中腰になるなどの不満が出てきたりもします。後から調整してくれる対応をしてもらえる場合でも、別途料金がかかったりまた使えない期間が出てきて不便なので、しっかりと発注する前に使いやすいかどうかを良く考えておくことが大切です。

予算と希望と使い勝手のバランスを取ろう

オーダー家具を発注したのに、使いにくくて失敗したということにならないように、オーダーする前に依頼する会社には予算と希望は必ず伝えましょう。好みだけでは他の家具とのバランスも取れませんので、家の間取りや家具や家電の配置、普段の生活などのライフスタイルも伝えたり、配置する予定の部屋の写真などを用意して細かくどんな家具を作りたいのかを伝えましょう。漠然としたイメージも、プロがしっかりと見た目だけではない機能性なども考えた上で、どんな家具にするのかを提案してくれます。もちろん予算オーバーしないようにするなら妥協も必要ですが、追加できるなら幾らまでかなども伝えておくことで、より良いオーダー家具を形にして手に入れることができるでしょう。

和モダンのインテリアの中には、一戸建てやマンションのリビングや寝室と相性の良いものが多くあり、落ち着いたデザインのアイテムに人気が集まっています。